アウトバンドを委託して経費削減を狙おう。

アウトバンドの必要性

アウトバウンドを必要とする企業

コールセンターは主に業務が二つに分かれています。一つはお客様からの電話を受信するインバウンド、もう一つはお客様へ電話を掛けるアウトバウンドです。大人数の顧客を抱える大企業の顧客宛ての案内や、通信販売の受付など様々なニーズに対応するのがコールセンターです。自社でアウトバウンドを実施しようとすると、電話機などのインフラを整備するのに多額な費用がかかりますが、コールセンターに業務委託をすることで経費が削減され、またコール業務に特化したオペレーターが従事することで満足が得られる仕事結果が残せます。特にアウトバウンドはオペレーターの会話技術が重要になってくる場面が多々ありますので、専門であるコールセンターに任せると安心です。

コール業務に従事する人たち

一般的にコールセンターと聞くと、辛い仕事のイメージがあるかもしれませんが、コールセンターでは入社時に座学研修などがあり、すぐに業務に従事するわけではありません。研修時にアウトバウンドやインバウンドの練習をし、基礎知識を身に付けてから業務が始まります。現在では派遣会社が自社でコール研修をしてから、コールセンターへオペレーターを派遣するところが増えてきています。その分、派遣社員の人件費は高くなっていますが、研修がなく、即戦力になることで雇用する企業にはメリットがあります。またコールセンターでは短時間から長時間まで時間の融通がきく場合もあり、主婦や学生なども多く働いています。コール業務は他のアルバイトよりも時給が高く設定されていることが多いので、人と話すのが好きな人ならば、上手く行くでしょう。

重要な営業ツール

商品の販売数を上げたり企業の評判を上げたりするためには、「営業」を行なう必要があります。そんな営業ツールの一つとして、電話代行などの業務委託があげられるのです。

Read More

電話代行とは何

以前の業務的な電話代行サービスは薄れ、最近ではより柔軟な対応ができるサービスが求められていることから、様々なことに臨機応変に対応できる人材が求められています。伝言の受け取りも異なってきています。

Read More

影響していること

最近は不景気が続いたことにもよって、満足できる買いものをしている人が少なくなっていますが、企業が顧客満足度調査をして商品を開発しているので低価格であってもより良い商品を制作することが可能なのです。

Read More